会社を売却した人のその後の人生①

私はこれまで会社をご売却された人を何十人も見てきました。

これから会社をご売却される方も、先に実践された方がどうなっているのか気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「売却後の人生」についてお伝え出る範囲で書いていこうと思います。

 

~売却後の人生3パターン~

細かく見ると売却後の人生は、当たり前なようですが『十人十色』です。

ただ、そんな中でもいくつかの大きな括りがあり、3つに分けることができます。

 

  ①売却後もそのまま代表や役員として残りこれまでどおり働くケース
  ②売却後、顧問等の立場でずっとor一定期間だけ関与しているケース
  ③売却後は完全に離れたケース

 

それぞれ細かく見ていきましょう。

 

~①売却後もそのまま代表や役員として残りこれまでどおり働くケース~

以前は②と③のケースが多かったのですが、最近はこの①のケースが増えてきたように感じます。

やはり、経済環境の変化が増々加速しているという背景が根底にあると見ています。

変化が早いということはそれだけ見通しが立ちづらい = 事業リスクが高くなっている

ということだと言えます。

 

つまり、このリスクが高い時代において、早々に自社単独での経営だけではなく、M&Aで、大きな資本力のある会社を『良い意味で活用する』という決断をされる50代・60代の経営者が増えてきている、ということなのだと思います。

もちろん、株式を手放すということは、すなわち、株主総会の議決権を譲り渡す、ということですから、ずっと代表or役員として残り続けられる保証などはどこにもありません。

そして多くの場合、大手のグループ会社は基本「役員の任期は1年」ということが一般的ですから、社員よりも不安定という見方もできるかもしれません。

これは誰にも明確なルール(もちろん定款で定める内容なので、多少違います)なのですが、改めて文字で直視してみて不安になりましたか??

 

 

~会社の経営とは「完全歩合の実力・結果ありきの勝負」~

しかし、よくよく考えてみると、会社の経営者とは元々「完全歩合の実力・結果ありきの勝負」をずっとやってきた人たちです。

会社が大きくなり、人も増え、事業がある程度自動化されている今の状態では、そのことが少し感じにくくなっている方も多少おられるでしょう。

 

いつ交代させられるか分からない大手の傘下に、よく自ら飛び込んだな

そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そういう見方ももちろん一理あると思います。

 

しかし、それはデメリットの部分のみの話であって、メリットももちろんあります。

それらを比較したときにどちらが良いのか?というご判断なのだと思います。

 

 【メリットの一例】
 ・資金調達力のアップ
 ・(大手のブランド力によっては)人材採用力のアップ
 ・多額の借入金に対する連帯保証債務の解除
  ※実際に解除するかは金融機関にゆだねられている。
 ・取引先の拡充
 ・仕入単価の減少
 ・etc.

 

大まかなメリットを一部記載してみましたがいかがでしょうか?

あらゆるリスクを負って経営を続けるのが得策な場合もあると思います。

反対に、早々に大手の傘下入りをしてしまった方が良いケースもあり得ます。

大切なことは、自社に合った選択肢(M&Aをするorしない)はどれなのか?

をご自身の経営環境やご自身の信念に照らして判断することが肝要です。

 

また、買い手の立場から見ても、やはり自社の文化と異なる会社を新たに自社グループに入れるということはかなり大変なことで、従業員が付いてきてくれるのか?という点は特に大きな心配事になります。

 

つまり、買い手候補の中には、むしろ

これまでどおり積極的に残って引っ張っていってもらいたい

と考えている先もいらっしゃるということです。

 

だから売却後もあぐらをかいても良いというわけでは決してありません(さすがにそのような姿勢が長く続くようなら交代になると思います)が、そのようなお相手もいらっしゃるということは覚えておいてほしいと思います。

 

このような事実を踏まえて、一度冷静に客観的に

何が最善なのか?

見つめなおす機会を持ってみることも有用です。

 

次回は②のパターンについて書いていきたいと思います。

ありがとうございました!